Story

コピーライター 中村美夕紀・・・その原点。

コピーライターって、なに? コピーライターって、どんなことをする人?

コピーライターと聞いて、何を想像されるでしょうか?

辞書を引くと、そこには「広告文を作成する人」とあります。 確かに。

でも私は、コピーライターの仕事が、ただ単にポスターや雑誌、TVCMなどの宣伝文句を制作することとは思っていません。

お客様であるクライアント(広告主)の意思をもう一方のお客様であるユーザー(広告を見る人)にいかにして届けるか、いかに効果的に、そして適切に伝えるか・・・それが、私のコピーライティングの原点。

ともすると、広告はクライアントからの一方通行になりがちですが、その先にあるユーザーの視点や感性を常に意識していなければ、ベストなコピーは生み出せません。

つまり、コピーライターは伝える側と受け取る側、双方を繋ぐ橋渡し役。

そのために言葉というツールを最大限に駆使し、広告という作品を創り上げる・・・それがコピーライターの仕事だと考えています。

ひとりのコピーライターとして・・・あなたのためにできること。

~言葉を紡ぎ、文を織る~

これこそがMyuOffice コピーライター中村美夕紀のライティング姿勢。

まずクライアントのオーダーとコピーライターとしての感性を頼りに、素朴な綿や繭から繊維を引き出して一本の糸を紡ぐように、広大な宇宙に散らばる無数の星にも似た言葉の中から一つ一つの言葉を選び出します。そして、縦糸と横糸を組み合わせて美しい一反の布を織り上げるように、時には思いもよらない言葉と言葉の組み合わせで「こんな表現もあったのか」と既成概念を超える妙なる一文を作り上げます。

かつて手書きでコピー原稿を起こしていたのが、やがてワープロ原稿になり、パソコンのメールで原稿のやりとりができるようになった現在でも、このプロセスは変わりません。

つまり、時代がうつってどんなにハード面が進化・発達しようとも、コピーライティングのベースはあくまで手作り。コピーは、コピーライターのアタマとココロが作り出すものなのです。

言葉は、生きています。

一見、普遍的なようであっても、使われる機会がなくなり忘れ去られてしまう言葉がある半面、人々のニーズに応じて生み出される言葉も意外と多いもの。

また、古びてしまっても、新しい意味合いや雰囲気を携えて生まれ変わるケースがあります。

私のコピーライターとしてのモットーは、どんな言葉とも平等に向き合うこと。

ひとつひとつ吟味しながら、クライアントとユーザーの接点となる言葉を探し出し、組み合わせてコピーとして生命を吹き込んでいくのです。

そしてまた、コピーも生きています。

コピーライターという仕事は、ある意味、砂漠の中の宝探し~treasure-hunter~のようなもの。

言葉という膨大な砂粒の中から、キラリと光る言葉を見出すまで探し続け、求め続ける・・・それは、決してスマートな作業ではありません。

が、そうやって数々のコピーが誕生しました。

過去を語るコピー、今を表現するコピー、未来を夢見るコピーetc・・・

感動に包まれるコピー、感激が伝わってくるコピーetc・・・

私のコピーライティングのポリシーは、時の流れを感じるコピーであっても、決して時の流れに色褪せないコピーを創造すること。

ときめく心を、きらめく言葉に託して・・・これからも様々なジャンルのコピーをライティングしていきます。

コピーライター どんなコピーライターをお探しですか?

「コピーを書いてほしいけれど、どう依頼すればいいか分からない」

「コピーライターを探しているが、どこで見つければいいか分からない」

そうしたお問い合せを多数いただきます。

そんな時はまずMyuOfficeまでご連絡ください。

ポスターをはじめ、パンフレット、リーフレットなどの制作、また雑誌やカタログなどの取材・インタビュー、新聞広告の制作etc・・・

ご依頼内容に応じてコピーライティングはもちろん、デザイン、撮影、印刷など幅広いネットワークによりご満足いただける回答をお届けします。